黒パグかけふと茶パグBBのブヒブヒ日記~IN広島
プロフィール

あちょう

Author:あちょう
黒パグかけふ
   (05年7月4日生)
茶パグBB  
   (07年3月10日生)
東京男のハム坊や
大阪女のあちょう  
広島に暮らすかけB一家を
よろしくね!

ランキングバナー

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

一日一ぽっちり!お願いします。

一日ワンクリックで募金

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
お気に入りブログ

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かけふに2009年7月(左側腹部)、2011年3月(左耳付け根)に
続きまして3個目の肥満細胞腫がみつかりました。


肥満細胞腫


今度は右口角です。
(写真ではわかりにくいですが毛を抜かれて赤い生傷になっています)


できたところが口のすぐ横ですから
手術するにも充分な大きさが除去できないのと
口が動くと術創のくっつきも悪いと考えられるので
これまでの2回と同じように
見つけた → 即除去手術 という訳にもいかないだろうと
広島でも比較的皮膚科診療に力を入れてやっている獣医さんに相談に行きました。

今まで通っていた、いわゆる‘近所の’獣医さんには
二度とも手術していただいたのですが

いろいろなところで折につけ
「パグの肥満細胞腫は悪性度が低く必ずしも手術適応ではない」
という考えの下、手術なしで経過をみられているパグちゃんの話などを
聞いてもいましたので

‘近所の’先生は専門が整形外科とご自分でも言われていて
「頼まれれば手術はしますが
 はっきり言って皮膚にできるもののことはわかりません」と
最初の時からきっぱり言い切られていたので
今回も受診すればきっと即手術になるだろうと予測し
そちらにははなから行きませんでした。


今回診ていただいた獣医さんは
・パグで肥満細胞腫がグレードⅠ以上の悪性のを見たことがない
・10歳のパグで会陰部に肥満細胞腫ができた子が処置なしで
 現在16歳で腫瘍部がまったく大きくなっていない
・近年、肥満細胞腫に非常によく効く抗がん剤が出て
 グレードⅢまで進行していた子でも縮小に成功し予後も良い
・パグでアレルギー体質の子の場合肥満細胞腫は取っても取っても
 次々とできてきてイタチごっこになってしまい
 そのたびに全身麻酔をかけて除去する意味があるのか疑問がある

といった話をいろいろな写真で説明してくださり

かけふの場合はアトピー体質でもあり
手術するにはリスキーな部位でもあり
今回は手術せずに様子をみるのがいいのではないか という判断をもらいました。


肥満細胞腫の確定診断はしていないので(細胞診するにも目が近くて
かけふもよく動くのでハイリスクでしませんでした)
とりあえず、今ある炎症&細菌感染を飲む抗生剤と一日3回の消毒で
抑えてから
ステロイドなどを使って縮小するか見てみましょうということになりました。


薬


ありがたいことにお腹の弱いかけふが
この抗生剤で軟便や下痢になることもなく
消毒もおとなしくさせてくれています。


ついでに診てもらった鼻の下はニキビのような
炎症性のものでした↓


炎症



にほんブログ村 犬ブログ パグへ




前の2回の手術ですっかり病院嫌いになっているかけふは
男の先生二人に押さえられてすっかりビビッてしまい…

なんと検査で患部を擦ってる時にたまらずウンコをちょび漏らし

こんなこと初めてで非常に驚きましたが
本人が一番戸惑ってたみたいです…



スポンサーサイト

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

<< 縮小化 ~かけふの肥満細胞腫(疑) // HOME // マイブーム >>
かけくんお薬効きますように祈っているからね!
色んな先生がいて色んな治療方針がありますよね。
出来るだけ体に負担掛からないようにしてあげたい
思いもありますものね。
かけくん病院嫌いになっちゃったのね。でも退治
しないとならないからね。かけくん&あちょうさん
ファイトですよ!
【2012/07/26 Thu】 URL // 文陸パマ #j209nSaI [ 編集 ]
かけふく~ん!がんばるんだよ
暑いときなのでかけふくんも大変でしょうけど
あちょうさんもお身体気を付けて!
【2012/07/26 Thu】 URL // junko #jgJNn0FY [ 編集 ]
かけふくん、がんばって!

丁寧に分かりやすく説明してくれる良いお医者さんに出会えたのは何よりです。
さすが、皮膚科に詳しい先生ですね!
あちょうさんも、きっと一生懸命探されたのでしょう・・・。

私も、かけふくんがよくなることを祈っています!
【2012/07/26 Thu】 URL // みほみほ #- [ 編集 ]
文陸パマさんへ
コメントありがとうございます

ほんとはね、かけふにはかわいそうですが
手術ですっきり取ってしまったほうが安心、という気持ちもあるんです
パグに悪化する子が少ないといえども
やはり悪性新生物に違いはありませんから
浸潤とか転移とか心配は尽きません
ですが、できた部位が部位ですし
今回出会った獣医さんの治療方針についていこうと思っています
口から食べられへんようになったら
食いしん坊パグにはこの上ない苦痛ですしね

ありがとうございます がんばります
【2012/07/26 Thu】 URL // あちょう #- [ 編集 ]
junkoさんへ
コメントありがとうございます

がんばります
ありがとうございます

暑くて通院も大変ですけどねー^^;
【2012/07/26 Thu】 URL // あちょう #- [ 編集 ]
みほみほさんへ
コメントありがとうございます

東京では皮膚科で有名な世田谷区の某動物病院まで
板橋から片道2時間近くかけて(環七大渋滞ですからーe-260)通ってた時期もありました
広島にはそういう単科に特化したような獣医さんってなかなか見つからず
実際はうちから車で10分もかからないところにあったんです^^;
病院探しってほんと大変ですね
それでまた、先生と我が子の相性とか
先生の考えが自分に合うか、理解できるかなど
乗り越えないといけない壁っていっぱいありますもんね

ありがとうございます
回復を願ってしっかりサポートしていきたいと思います
【2012/07/26 Thu】 URL // あちょう #- [ 編集 ]
納得のいく、治療と説明があれば安心やね
応援してるよ
【2012/07/29 Sun】 URL // みっちー #- [ 編集 ]
みっちーさんへ
コメントありがとうございます

獣医さんの言うように重症化しないかどうかは
わからないので、注意深く見ていきたいと思います
おおきに!
【2012/07/29 Sun】 URL // あちょう #- [ 編集 ]
本当に、2ケタもの回数の手術になる子もいるそうですね。
かけちゃん、お薬ちゃんと飲んで、経過が良いものでありますように。
牡丹もあれから、何回か検査をしましたよ。
(肥満細胞腫ではありませんでしたが・・・)
ちゃんと見つけているということが、早期での的確に処置につながりますもんね。
早く見つかってよかった、と思います。
この時期の麻酔はできるだけ避けたいですものね・・・
【2012/08/07 Tue】 URL // かすみ #Ur6frcME [ 編集 ]
かすみさんへ
コメントありがとうございます

最初に見つけてから3週間ちかく経ちますが
少しずつ大きくなってきているような感じです
やっぱり手術しないならしないでこれまた不安なものですね

手術したらしたで痛々しいですし
口の横ということで傷がうまくくっつかないとか
ご指摘のように麻酔の件とか心配は尽きません…
【2012/08/09 Thu】 URL // あちょう #- [ 編集 ]
こんばんは。
心配ですね。
腫瘍取るのも、全身麻酔ですし怖いですよね。
お薬で治まるといいんですが。。。
【2012/08/13 Mon】 URL // ゆる #- [ 編集 ]
かけちゃん、具合はいかがですか?

今日検査したら、牡丹も再発してました。
同じような治療になりそうです。
で、牡丹の記事内にこのページのリンクも貼らせてもらいました。
同じ病気の子のいる方が参考にできると思うので。
よろしくお願いします!

お互い治療頑張りましょう!!
【2012/08/15 Wed】 URL // かすみ #Ur6frcME [ 編集 ]
ゆるさんへ
コメントありがとうございます
返事が遅くなりましてごめんなさい

腫瘍ですが、悪いものではなかった(?)ようです
ご心配おかけしましてすみません
しばらくは気を抜かずに観察を続けます
ありがとうございます
【2012/09/05 Wed】 URL // あちょう #- [ 編集 ]
かすみさんへ
コメントありがとうございます
返事が遅くなりましてごめんなさい

かけふは今回は肥満細胞腫ではなかったかも(?)です
アレルギー体質のパグは疑わしい腫瘍が出たり消えたりという現象が
たまにあるようです

牡丹ちゃん再発されたんですね
肥満細胞腫は繰り返すことが多いのが困ったところです
でも早期に見つければ治療可能という点と
皮膚にできれば発見しやすいという点が
ほかの腫瘍に比べてマシだと思えるところでしょうか
牡丹ちゃんガンバレ
応援しています
かすみさんもご心配でしょうけどどうぞめげずに!
【2012/09/05 Wed】 URL // あちょう #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/10/23 Tue】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://pugkakebb.blog46.fc2.com/tb.php/608-cca50ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。