黒パグかけふと茶パグBBのブヒブヒ日記~IN広島
プロフィール

あちょう

Author:あちょう
黒パグかけふ
   (05年7月4日生)
茶パグBB  
   (07年3月10日生)
東京男のハム坊や
大阪女のあちょう  
広島に暮らすかけB一家を
よろしくね!

ランキングバナー

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

一日一ぽっちり!お願いします。

一日ワンクリックで募金

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
お気に入りブログ

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かけふは1歳の頃から皮膚アレルギーがあり
東京在住の頃はブツブツ、カイカイでしょっちゅう掻き壊して血が出たり
赤くなったりしていました。
皮膚科の獣医さんに通ってしばらく漢方を飲んだり
今でもアレルギー用のフードを食べたり牛肉や小麦を避けたりしています。


広島に引っ越してきてから、隙間風ビュービューの古家に住んでいたからか
かけふの皮膚症状はおさまっていたんですが
一昨年末からマンションに住むようになってからまた
たまにブツブツがでたりするようになりました(因果関係ははっきりしませんが
あちょうはマンションのような機密性の高い環境のせい?と疑っています)。


ここ2週間くらい、内股にブツブツが時々出るのと
耳垢がひどくなったので獣医さんへ行くことになりました。


近所のかかりつけ(肥満細胞腫の手術などをしてもらった病院)の先生は
「僕は皮膚病には自信がないんですよー」と
初めに言われていたので( ̄∇ ̄;)
広島の名医(獣医)を紹介した本を本屋さんで立ち読みして見つけた
車で30分くらいの病院へ行ってきました。

              病院についてのお話はまた今度します。



病院の帰りに水分峡というところへ寄って遊んできました。

水分と書いて みくまり って読むんだそうです


水分峡


肝心の峡谷(ってほどではないけど鯉もいる川)の写真はないんですが


うれしぃ~


寒すぎて誰もいないのでフリーにしてしばらく遊びました。


山道が階段になっていて、すごく気軽に登れそう…だったので
山の上までちょっと行って


山の上


あんなに寒かったのに汗が滲むほどの運動になりました。
息もあがってます(人間だけ)


下り坂


↑こう見えて実際は結構急な下り坂なんですよ。


坂道はどこで車道に突き当たるかわからないので
フレキシリード(?)を付けての移動です。


下山


リードが足に絡まったりしてますが


早く進みたい


じつはこの後しばらく下りて行ったら
積もった枯れ葉の下にゴロゴロした石がいっぱいあるところで
あちょう、コケました

尻もちついて
痛いというより、びっくりで笑いが止まりませんでした。。。


明日はきっと太ももが筋肉痛になってると思います。
え?
明日じゃない?

明後日ですかねー
年とると、筋肉痛は遅れてやってきますからね…



駐車場にて。


運転手は?


かけふ、はりきって前の席へ。

いつもは車に乗る時、かけBはクレートに入れて後部座席に
シートベルトで固定するんですが
今日は後部座席であちょうが抱っこしていました。


オレが?


滅多に行けない前に移動していきがってるかけふです。


運転手は袋を後ろのワイパーに引っかけに行ってるのでした。


帰りまへんのか~


みんなで監視。


後部にいた


そのうち、窓の汚れが気になるとかで


なんで


窓を拭き始めた運転手。


早く


ほんまやー
早よせいっ~


ガハハー(*^~^*)ゝ


クレートに入っていると比較的すぐに寝るかけBも
抱っこで車に乗っているといろいろ興奮するらしく
あっちこっち後部座席をうろついているのですが
今日は登山で疲れたのか


車の中


かけふが珍しくびろーんとなって寝ていました。



          にほんブログ村 犬ブログ パグへ


        水分峡手前に「みくまり病院」というのがあって
      「この病院はどんなややこしい患者でも診まくりや~」と
      現地の小学生男子が言うような話をしながら登っていきました。ちゃんちゃん♪





スポンサーサイト

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。