黒パグかけふと茶パグBBのブヒブヒ日記~IN広島
プロフィール

あちょう

Author:あちょう
黒パグかけふ
   (05年7月4日生)
茶パグBB  
   (07年3月10日生)
東京男のハム坊や
大阪女のあちょう  
広島に暮らすかけB一家を
よろしくね!

ランキングバナー

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

一日一ぽっちり!お願いします。

一日ワンクリックで募金

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
お気に入りブログ

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日の夜から降っていた雨も止み、9時頃から晴れてきました。
やっぱりパグには日なたが似合う

日なた

見ているこちらがあったまる感じ。

落ちるかけふ

湿度が高くてかけふは暑いのか、だんだんズレていってます。

クッション枕に

BBもかけふが乗っていたクッションに移動して、枕にしてますね。

めり込むお顔

顔が若干、めり込んでます。




さて、タイトルの未解決問題なんですが
BBの肉球の問題です。(経過はコチラ3つの記事へ)

BBの歩き方のクセのせいか、歩くと肉球が擦れて出血をしてしまうんです。
後足にだけ靴を履かせて歩いています(犬の靴について記事はコチラ)。

<BBの肉球最新状態>

かかと 後足かかと部分

かかと2 後足

肉球わき

肉球の後わきは、最初に出血がみられた部分です。
靴で保護してから出血はしていませんが、やはり擦れていますね。
これは靴との摩擦もありますし、室内で走り回ってもカーペットに擦れています。

右手のタコ 右前足

前足は手首を返しながら歩くため、靴を履いてもすぐ脱げてしまいます。
BBも歩きにくいようで、何回もコケたりつまずくので今は履かせていません。

すると、↑このように前足の肉球にタコができてしまいました。
これがまた、あたると痛いみたいです。
後足に靴を履かせていることでどうしても前足で踏ん張ってしまうというのも
原因のひとつのようです。

指の間 前足

↑写真にうまく写らないのですが、
指の間の皮膚がカサカサして赤くなっています。
湿疹になっているようです。
獣医さんは本人が気にしてなめまくったりしていないのなら治療は不要と言うのですが…

肉球も皮膚組織の一部だとすれば、皮膚に湿疹などがあると
肉球もささくれたりしやすいのではないか?
とあちょうは思うんです。
皮膚のコンディションを整えてこそ、肉球もケアできるのでは?と。

BBは散歩は大好きです。
ハム坊やも揃って出たりすると、余計にはりきってどんどん歩きます。

でも普段は

てしてし…

15分くらい経つと、スピードがどんどん遅くなって
遅れがちに後ろをてしてし、と歩くようになってくるのです。
そして↑このような笑顔でアイコンタクトしてきます。

たぶん「足痛くなってきたわ~^^(へらへら)」って感じの語りかけだと思うんですよね。


ここでわんこを飼われていない方へ比較のためかけふのも載せておきます。

かけふ左手 前足

かけふ左足 後足

           ※肉球の写真はクリックすると少し大きくご覧いただけます

かけふの肉球は触ってもぷにぷに、柔らかいです。
「犬って靴を履かずに歩くから、肉球は硬くてガサガサが当たり前」
とは限らないのです。

ちなみにかけふは今まで一度もクリームなど塗ったことはありません。
(絶対にきれいさっぱりなめてしまうから)


「何の写真撮ってるのん?」と野次馬的なBB。

野次馬

人間の皮膚でも、同じスキンケアをしていてもモチ肌、色白の人と
ざらざら、くすみ肌の人っていますよね?
若い時のケアが将来の肌を決めると言いますが、そんなのはほんの2~3割で
ほとんどがその人が持って生まれた肌質だと思うんですよね。

そんなふうに考えるとBBの肉球が完ぺきにつるりん、ぷにぷにになることは
ないのかも知れません。
でもせめて出血はさせたくないし、
「痛くてお散歩行くのが苦痛」というのはあまりにもかわいそうだと思うんです。


BBの肉球問題を記事にすると、読者のみなさまも悩ませてしまい
コメントにその苦慮のようすが窺えますので
なんだか非常に申し訳ない気分になってしまうのですが…

以前教えていただいた肉球ケアによい成分(亜鉛とビタミン)は、
前から飲んでいる「アニマストラス」に含まれていたので
新たに他のサプリは追加していません。
前足に靴下を履かせるというアイデアはまだ試していません。

で、今回はみなさまにご意見をお願いするというよりは
ご心配いただきました肉球の現状報告ということでお読みください。




そしてもうひとつ、あちょうが雑草アレルギーかもしれないと病院へ行ったら
お医者に「それは犬アレルギーに間違いない!かな」と言われて
検査をしたお話をしました。

結果は犬皮膚 陰性でした。

なんでもペットのせいにしたらええんちゃうで。

雑草とハウスダスト、ダニに若干の陽性を示したものの
アレルギー症状を起こすほどのものではないとのことです。

それで薬を止めたところ、やはり朝起きると鼻水ドバー目カイカイ
結局原因がわからないまま薬は続けているありさまです。

お医者は「絶対に犬」という確信を持っていたようで、
検査項目の雑草のところを細かく指定せずに(ブタクサとかセイタカアワダチソウなど)
提出していたので、ほんとのところは雑草の類だったかも知れません。

医者たる者、先入観で判断してはいけませんぞ。






                   にほんブログ村 犬ブログ パグへ ←ぽち

            そういえば、今の獣医さんはかけBをまったく触らずに
     診察を済ませる日もあることに気づきました(フィラリア予防薬処方だけの時とか)。
   
          人間もわんこも医者を選ぶのって難しいですよねぇ
     一度かかってみないとどんな人かわかりませんし、素人が見ただけでは
         診断や治療の腕がいいかどうかなんて判断できませんし。


スポンサーサイト

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。