黒パグかけふと茶パグBBのブヒブヒ日記~IN広島
プロフィール

あちょう

Author:あちょう
黒パグかけふ
   (05年7月4日生)
茶パグBB  
   (07年3月10日生)
東京男のハム坊や
大阪女のあちょう  
広島に暮らすかけB一家を
よろしくね!

ランキングバナー

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

一日一ぽっちり!お願いします。

一日ワンクリックで募金

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
お気に入りブログ

RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末、岡山県美作(みまさか)市にあるトラちゃん田んぼに行ってきました。


パグ inトラちゃん田んぼ


毎年10月くらいになると新聞に載ってたので
いつかは行きたい、今年こそ行くぞ!と毎年思っていたのです。


トラちゃん田んぼ


トラちゃん田んぼは今年10周年だそうです。
(トラちゃん田んぼ公式HPは →→ コチラ

阪神タイガースを応援する田んぼアートですが
残念ながら今年で一旦終了されるそうです。


10周年のトラ


今年の図柄はネコちゃんのようなかわいいトラ。
チームもかわいいネコちゃんさながらの
ネコパンチ並みの強さしかありませんが…( ̄∇ ̄;)


例年ですと左右両面阪神タイガースの図柄なんですが
今年は‘美作国’の建国1300年でもあり、右面はその図柄になっています。
(これまでの図柄は公式HPに載っていますのでどうぞ)


下から


公式HPの写真と今回撮った写真を見比べますと
9月になって稲穂に色が付いてよりキレイになっているのがわかります。
これから稲刈りまでの季節が見ごろですね。


朝には中国道美作IC近くの蓮池にも寄ったのですが
(亀ヶ市池ビオトープ公園 →→ コチラ
もう花は終わっていて種だらけ^^;


1~2輪

かろうじて1~2輪咲いてるだけ。


ハス池


だけど無理やりパチリ


亀ヶ市池ビオトープ公園


かけふはこの直前、バンダナにBBにシッコをかけられて
ちょっと悲しげ…


スイレン?


スイレンらしき花もちょっとだけ咲いていました。

満開の様子は美作市の観光ナビを見てください(→ クリック


帰りは美作IC近くの道の駅彩菜茶屋に寄って
野菜やピオーネ、黒豆うどんなどを購入


期待顔


人間が巻き寿司を買ってつまんでいるとこの期待顔(^m^


アイコンタクト


パグにはササミジャーキーを持っていってました。
かけふはちゃんとアイコンタクトとってますが
BBは??


暑くてハアハア


曇ってはいましたが、この日もムシムシと暑く
BBはアイスノンにべたーっとお腹をつけていました。
カートの手持ちには扇風機も装備^^




         にほんブログ村 犬ブログ パグへ


     トラちゃん田んぼ、近いうちに復活されることを祈っています。
     (ちなみに美作には広島カープと読売の田んぼもできてるそうです)



スポンサーサイト

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

みなさまご無沙汰してばかりですみません

かけふの口の横にできた肥満細胞腫を疑うデキモノですが


8月初め

肥大腫瘍


動物病院へかかった後、とにかくその時に炎症を起こしていたのを
鎮めるために一日3回の消毒で様子を見ていましたら
しばらくは上の写真のようにどんどん大きくなって
コロン、と硬くなって表面も肥満細胞腫の特徴的なガサガサした感じになり
浸出液が出て汚くなったりもしていたのですが


8月末

縮小化


こんな小さくなって↑
ほぼ扁平で縮小化し‘たんなるハゲ’になっています。


獣医さんは「じゃあ、肥満細胞腫じゃなかったのかもね」なんて
おっしゃっていましたが
アレルギー体質のパグには肥満細胞腫ができても
アレルギーの状態によって大きくなったり小さくなったりすることも
見られるらしく
引き続き大きくなったり変化しないかどうか観察していくことになりました。


目に近い部位で針を刺して細胞を採って検査することも
していないので、はっきりと‘シロ’とも言えないのですが。


肥満細胞腫のできるパグちゃんは比較的多いようなのですが
かすみさんちの牡丹ちゃんのところ(←クリックで牡丹ちゃんのブログへ行けます)
から来ていただきました肥満細胞腫について調べておられる方には
あまり参考にならずに申し訳ありません。
ただ、はっきり言えることは
手術するにしろ薬で治療するにしろ、早期発見が第一ということです。

みなさん、ご自分の愛パグちゃんを日頃から
コロコロ、わしゃわしゃ触ってあげてくださいね。



        にほんブログ村 犬ブログ パグへ




我が家の家庭菜園ですが
ぼちぼち終焉に入っています。


日々収穫


7月終わりから8月はほぼ毎日トマトやキュウリ、ゴーヤーの
収穫が続いていまして
8月はキュウリを1本も買っていません。
ゴーヤーもほぼ週4日は食べています。


グリーンカーテン2012


キュウリ、ゴーヤーはカーテンに仕立てましたが
9月に入って花がほぼなくなって
今はカーテンとして役立っているので撤収せずに置いている状態です。


ゴーヤカーテン


今はオクラとミニカボチャが実っています。


オクラ

手前のクリーム色のクリクリ巻いた傘のようなのはオクラの蕾です。





 

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

かけふに2009年7月(左側腹部)、2011年3月(左耳付け根)に
続きまして3個目の肥満細胞腫がみつかりました。


肥満細胞腫


今度は右口角です。
(写真ではわかりにくいですが毛を抜かれて赤い生傷になっています)


できたところが口のすぐ横ですから
手術するにも充分な大きさが除去できないのと
口が動くと術創のくっつきも悪いと考えられるので
これまでの2回と同じように
見つけた → 即除去手術 という訳にもいかないだろうと
広島でも比較的皮膚科診療に力を入れてやっている獣医さんに相談に行きました。

今まで通っていた、いわゆる‘近所の’獣医さんには
二度とも手術していただいたのですが

いろいろなところで折につけ
「パグの肥満細胞腫は悪性度が低く必ずしも手術適応ではない」
という考えの下、手術なしで経過をみられているパグちゃんの話などを
聞いてもいましたので

‘近所の’先生は専門が整形外科とご自分でも言われていて
「頼まれれば手術はしますが
 はっきり言って皮膚にできるもののことはわかりません」と
最初の時からきっぱり言い切られていたので
今回も受診すればきっと即手術になるだろうと予測し
そちらにははなから行きませんでした。


今回診ていただいた獣医さんは
・パグで肥満細胞腫がグレードⅠ以上の悪性のを見たことがない
・10歳のパグで会陰部に肥満細胞腫ができた子が処置なしで
 現在16歳で腫瘍部がまったく大きくなっていない
・近年、肥満細胞腫に非常によく効く抗がん剤が出て
 グレードⅢまで進行していた子でも縮小に成功し予後も良い
・パグでアレルギー体質の子の場合肥満細胞腫は取っても取っても
 次々とできてきてイタチごっこになってしまい
 そのたびに全身麻酔をかけて除去する意味があるのか疑問がある

といった話をいろいろな写真で説明してくださり

かけふの場合はアトピー体質でもあり
手術するにはリスキーな部位でもあり
今回は手術せずに様子をみるのがいいのではないか という判断をもらいました。


肥満細胞腫の確定診断はしていないので(細胞診するにも目が近くて
かけふもよく動くのでハイリスクでしませんでした)
とりあえず、今ある炎症&細菌感染を飲む抗生剤と一日3回の消毒で
抑えてから
ステロイドなどを使って縮小するか見てみましょうということになりました。


薬


ありがたいことにお腹の弱いかけふが
この抗生剤で軟便や下痢になることもなく
消毒もおとなしくさせてくれています。


ついでに診てもらった鼻の下はニキビのような
炎症性のものでした↓


炎症



にほんブログ村 犬ブログ パグへ




前の2回の手術ですっかり病院嫌いになっているかけふは
男の先生二人に押さえられてすっかりビビッてしまい…

なんと検査で患部を擦ってる時にたまらずウンコをちょび漏らし

こんなこと初めてで非常に驚きましたが
本人が一番戸惑ってたみたいです…



テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。